FC2ブログ

検索サイトで「女性器」と検索したら・・・・

ハニーフラッシュ

なんと「女性器」で検索かけるとそのあとの言葉の予測ワードに驚きました

女性器検索ワード

これって私だけですか?
今年の夏は蒸し暑いのでパンティーの中は蒸れ蒸れ状態です。
ちょっとお手入れを怠ると大変なことになります。

**********************************************
デリケートゾーンのかゆみの原因は大きく2つ
**********************************************

デリケートゾーンのかゆみの原因には、大きく分けて「かぶれ」と「感染症」の2つがあります。
「かぶれ」は主に、下着による締め付けや、デリケートゾーンの蒸れ、
女性ならば生理用ナプキンとの接触などでも起こります。

一方の「感染症」は、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などの病原体に感染することで起こります。
カンジダという真菌(カビ)による感染がよく知られています。

特にデリケートゾーンの皮膚は、腕や脚など他の部分と比べて粘膜に近く、
下着などで常に覆われているため、湿度や温度が高まり蒸れやすい環境にあります。
また汗や汚れもたまりやすい場所です。
そのためかぶれを起こしやすく、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などが繁殖しやすい条件がそろっているのです。


かぶれによるかゆみ
******************************

かぶれは、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態です。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、一番外側の表皮が刺激から体を守るバリアの役割を
果たしているのですが、このバリア機能をもってしても防ぎきれない刺激があると、かぶれが起こってしまいます。
原因となる刺激には、皮脂や汗、温熱、乾燥などの他、体質によっては特定の物質に
接触することによって起こるアレルギー性のものもあります。

女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や経血による蒸れなどがかぶれの原因になります。
男性の場合は、衣服による蒸れや、性行為のときに使用するコンドームが合わずアレルギーを
起こすことなどが原因として考えられます。


感染によるかゆみ
******************************
「性感染症(STD)」を含む感染症もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。
性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことです。
粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こす細菌やウイルス、
真菌(カビ)などが入り込みやすい部位です。
またこれらの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、
繁殖するのにうってつけの環境です。そのため、デリケートゾーンが性行為などで感染者の粘膜と接触したりすると、
感染症にかかるリスクが高くなるのです。
デリケートゾーンが菌などに感染する経路は性行為に限りません。
カンジダのように常在菌として体内に潜んでいる場合や、白癬菌のように公共の浴場などでもうつる場合があります。
デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、次のようなものがあります。
感染症

かゆみが気になったらどうする?
******************************

デリケートゾーン(陰部)は皮膚が薄く、粘膜もあり、とてもデリケートです。
セルフケアを行う際は、洗いすぎや強い洗浄料の使用に注意しましょう。
デリケートゾーン(陰部)にひどいかゆみがある、おりものに異常があるなど、
細菌などの感染が疑われる場合は、専門医による治療が必要です。

基本は受診しましょう。
実は私・・・・膣カンジタになった経験が何度かあります。
めちゃくちゃ痒くて我慢できるものではありません。
通院を必要としますが確実に治りますので症状がある方は、必ず産婦人科を受診してくださいね。

予防するには?
******************************

かぶれが起こりやすくなるデリケートゾーンの蒸れや肌への刺激は、
日常生活のちょっとした心がけにより少なくすることができます。
またかゆみを起こす感染症を防ぐには、性行為のときにコンドームを使ったり、
病原菌が繁殖しにくいよう清潔を保つことなどが必要です。

デリケートゾーンを清潔に保とう
******************************

デリケートゾーンに汗や皮脂、汚れが付着していると、かぶれやすくなるうえ、
感染症を起こす病原菌のえさになってしまうこともあります。
これを予防するため、デリケートゾーンは常に清潔にしておきましょう。

デリケートゾーンの洗い方
・皮膚が薄いのでこすりすぎは禁物、洗浄剤を泡立ててやさしく洗う
・しわの間や裏側など汚れのたまりやすい場所はしわを広げながら丁寧に洗う
・前方から洗い肛門は最後に
・女性の場合、膣の中までは洗わない(膣には自浄作用があるため)

デリケートな肌を刺激しないものを身に着けよう

デリケートゾーンが蒸れたり、過剰な刺激を受けないような衣服を選びましょう。
下着は通気性や吸湿性のよい綿素材を選び、こまめに変える
締め付け過ぎない服装を心がける
女性の場合、生理のときはナプキンなどをこまめに変える
コンドームの素材によってアレルギーを起こす男性は、アレルギーを起こしにくいポリウレタン製を選ぶ

******************************
感染を防ごう
******************************

性行為では気をつけて
性感染症を防ぐには、まずコンドームを正しく使うことが必要です。
口腔性交、肛門性交でも感染することがあるので注意しましょう。
もし感染症にかかってしまった場合、治療はパートナーと一緒に受けましょう。
どちらかが感染したままだと、性行為によって再び感染します。

疲れ、ストレスをためない
病原体によっては、感染しても潜伏しているだけで通常は発症に至らず、
抵抗力が低下したときに増殖・発症するものもあります。
日頃から疲れやストレスをためて抵抗力を落とさないように注意しましょう。
抵抗力が落ちているとかぶれも起こりやすくなります。

公衆浴場、プールなどでは気をつけて
白癬菌、シラミなどは、感染者と直接接触しなくても、お風呂の椅子やタオルなどを介して
感染することがあるので注意が必要です。特にシラミは、プールや公衆浴場に入るだけでも感染する可能性が
あるので、多くの人が出入りする場所では出るときにシャワーでよく洗い流すようにしましょう。

十分な睡眠をとろう
睡眠不足になると、皮膚や粘膜の新陳代謝が悪くなるので、しっかりと睡眠をとりましょう。
特に、深い眠り(ノンレム睡眠)のときに分泌される「成長ホルモン」が、細胞の修復や再生を促してくれます。
また、眠るときはゆったりとした服装で、デリケートゾーンを蒸れや刺激から開放してあげましょう。


オススメのデリケートゾーン専用ソープ
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
デリケートゾーンでお悩みならばこれ【フロプリー】


a1342ashd181218-300.jpg
フロプリーは石鹸ではケアしきれない頑固な【デリケートゾーンのニオイ】対策。

305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ




大人のおもちゃも多数扱っているラブコスメさんの人気商品です。
実は私も何度かこちらにお世話になっています。



ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted byハニーフラッシュ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply